スーパー耐久24時間レースで新しい撮り方に挑戦

岐阜県大垣市在住カメラマン、福室ゆきこです。

モータースポーツが好きでこれまでに何度かサーキットに足を運んでいますが、今回は初めて24時間レースを見に行きました。

24時間レースとはその名の通り、スタートから走り続けて、ゴールするのは24時間後。

走るほうも見るほうも、24時間の長丁場。まさに耐久レースです。

このレースでは場内にテントを設置することが可能で、BBQもできるので、キャンプしながら観戦するお客さんが多いんです。

去年、ネット中継で見ながら「来年は私も!」と思い続けて一年。念願かなって、テント持参で観戦してきました。

コースを見下ろせるいい場所を発見し、テントを張りました。

24時間レースの魅力は朝から夜までレースが見られること。

特に夜は、普段見ている昼のレースと全然違った写真が撮れて楽しかったです。

海外ではキャンプしながらのレース観戦は当たり前なんだそうです。日本でも定着するといいなぁと思います。

流し撮りの撮り方いろいろ

モータースポーツ撮影と言えば、やっぱり”流し撮り”ですよね。

流し撮りのコツは以前ブログに書いていますので、そちらも読んでみてくださいね。

流し撮りのコツ⇒☆☆☆

その基礎を踏まえたうえで、あとはどんな風に撮るかということですが。

もちろん、撮り方は自由です!どんな風に撮ってもOK。自分が「かっこいい」と思えるように撮ればいいんです。

私もいろんな撮り方に挑戦してきました。

例えばななめ構図。カメラを斜めに構えての流し撮り。

斜めに切り取ることで、よりダイナミックで躍動感のある写真になりました。

そして、あえての縦構図。

流し撮りは横位置で撮ることが多いですが、そこであえての縦構図。背景の流れがより強調される気がしますね!

そして、手前の車をぼかして奥の車にピント。

車のタイミングが合わないと成功しないので難易度高めですが、決まるととってもカッコいい一枚が撮れました。

最後は露出アンダーでの撮影。光だけが浮かび上がります。

夜のレースならでは、ですよね。実際にはこんなに真っ暗じゃないので、写真マジック。

目で見ているよりドラマチックな風景になりました。

思い込みは捨てて、いろんなことを試すこと

先日出会ったカメラマンの方が、こんな言葉をかけてくださいました。

「思い込みは捨てて、いろんなことを試したほうがいい」。

サーキットでその言葉を思い出し、これまでやったことのない、いろんな方法で撮影をしてみました。

より(ズーム)で撮ることが多いので、逆にひいて大きく撮ってみたり。あえて露出アンダーで暗めに撮ってみたり。

そうすると、いろんな撮り方のなかに必ず新しい発見があって、それが自分の経験やスキルになっていくんだなあと実感しました。

いつも撮っているものでも、これまでの撮り方がベストだとは限らない。

常に、柔軟な発想で撮影に挑むべきだなあと、身をもって体験しました。

先日の出会いに感謝です。

これからもいろんな場所で、いろんな方法でよりカッコいい写真を撮っていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



YUK PHOTO[ゆくフォト]の出張撮影

七五三、入園・卒園・入学・卒業、誕生日などの記念日はもちろん、何気ない日常もぜひ素敵な写真に残しませんか。公園、ご自宅などご希望の場所にて撮影いたします。

[撮影時間]1時間 [納品枚数]100枚以上 [料金]15,000円(税込)+往復交通費(2020年1月改定しました)

※写真は撮影後、10日以内にデータ便(希望の方にはDVDも可)にて送付します。




YUK PHOTO[ゆくフォト]のカメラレッスン

カメラの仕組みを理解すれば、誰でも素敵な写真が撮れるようになります。機能を使いこなして、イメージ通りの写真を撮るコツを学びましょう。

[時間]2時間 [料金]10,000円(税込)※2019年12月から価格が変わりました
[場所]自宅スタジオ(岐阜県大垣市)

※講師はキヤノン製のカメラを使用します。体験レッスンもキヤノンのカメラを使用して行います。
※デジタルカメラのみ(フィルムカメラは対象外です)
※女性の方限定(ご夫婦やご家族でお申込みの場合は、女性と一緒に男性の方も参加が可能です。)
※出張レッスンの場合は、出張料1,000円が別途かかります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です