岐阜のおすすめスポット:雲と琵琶湖見下ろす伊吹山

岐阜県大垣市在住のカメラマン、福室ゆきこです。

台風一過の日曜日、とってもお天気が良かったのでどこかに行きたくなり、主人と伊吹山へドライブ&ハイキングへ。

昼過ぎに「伊吹山ドライブウェイ行かない?」という話になり、軽いノリで出かけたんのですが、とっても素晴らしい景色を見ることができました!

ほぼ山頂まで車で行けちゃう伊吹山

大垣の自宅から「伊吹山ドライブウェイ」の入り口までは車で約30分 。

通行料3,140円を支払い、さらに30分ほどかけて登っていき、標高1,260mにある駐車場に到着します。(くねくねした山道で、車酔いしやすいので要注意!)

駐車場に車を停め、そこからはルートを選んで山頂まで歩きます。

私たちはコースタイム40分の西登山道を選択。

でも実際は、写真を撮りながらのんびり歩いたので、おそらく一時間くらいかかったと思います。

山頂手前のポイントから琵琶湖がきれいに見えました!眼下に見える雲にも感動!高いところまで来たなぁと実感しました。

琵琶湖の向こう岸は雲と一体化していました。比叡山や函館山は雲の中のようですね。

山頂に到着!山頂は子供たちが走り回れるほど広々としています。

レジャーシートをしいて、お弁当食べるのも気持ち良さそう✨

山頂には小屋がいくつかあって、食事もできるし、ソフトクリームも食べられます。

山頂で撮った太陽。屋根を入れてみたらまるで雲の上の街みたい。飛行機から見る景色を思い出しました。

山頂で景色を楽しみ、寒くなってきたので駐車場まで降りてきて、沈む夕日を見届けました。

オレンジに染まる雲が印象的だったな。

山歩きにはミラーレス!晴れの日ならPLフィルタを

最近のお出かけに持参するカメラはミラーレスのEOS RP。もちろん今回もRPで撮影しました。

特に山歩きには重いカメラを持っていきたくないので、軽いミラーレスカメラが大活躍です。

レンズも軽いものがいいので、Kiss X7を買ったときについてきたキットレンズのEF-S18-55mmを装着。

RPはフルサイズ機ですが、マウントアダプターを使うと、EF-Sレンズも使えちゃうんですよ。これ、すごいですよね!

山では広角で撮りたくなることが多いので、しばらく眠っていたこのレンズが大活躍。手に持っていてもさほどストレスにもならないんですよね。軽い装備でパシャパシャっとスナップできました。

天気のいい日なら、PLフィルターがあったほうが景色が鮮やかに撮れるのでおすすめですよ!

ちなみに私はこの日持っていくのを忘れてしまいました(涙)。

それにしても山の上と下ではかなりの温度差。

この日も日中はいいお天気で暑いくらいでしたが、山の上はかなり寒くて、夕日を待っているときには持って行ったウインドブレーカーが役立ちました。

伊吹山へお出かけの際は、夏でも上着を忘れずにお持ちくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




YUK PHOTO[ゆくフォト]のカメラレッスン

カメラの仕組みを理解すれば、誰でも素敵な写真が撮れるようになります。機能を使いこなして、イメージ通りの写真を撮るコツを学びましょう。

[時間]2時間 [料金]10,000円(税込)※2019年12月から価格が変わりました
[場所]自宅スタジオ(岐阜県大垣市)

※講師はキヤノン製のカメラを使用します。体験レッスンもキヤノンのカメラを使用して行います。
※デジタルカメラのみ(フィルムカメラは対象外です)
※女性の方限定(ご夫婦やご家族でお申込みの場合は、女性と一緒に男性の方も参加が可能です。)
※出張レッスンの場合は、出張料1,000円が別途かかります。



YUK PHOTO[ゆくフォト]の出張撮影

七五三、入園・卒園・入学・卒業、誕生日などの記念日はもちろん、何気ない日常もぜひ素敵な写真に残しませんか。公園、ご自宅などご希望の場所にて撮影いたします。

[撮影時間]1時間 [納品枚数]100枚以上 [料金]15,000円(税込)+往復交通費(2020年1月改定しました)

※写真は撮影後、10日以内にデータ便(希望の方にはDVDも可)にて送付します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です