スナップ撮影におすすめのレンズ

昨日は、のんびりとスナップ撮影に出かけてきました。

行先は、新神戸駅からロープウェイに乗るとあっという間に到着する、

神戸布引ハーブ園』。

園内にはきれいなお花とベンチとハンモックがたくさん。

お花を楽しみながら歩いて、休んで、また歩く、

そんな風にのんびりと時間を過ごす公園です。

 

私が気に入ったのは、公園のちょうど真ん中あたりにある

グラスハウスという施設。

生花やドライフラワーをアクセントに

インテリアがとてもセンス良くコーディネートされていて、

フォトジェニックな被写体の宝庫でした。

   

 

さてさて、今回のスナップ撮影で主に使用したのは

50mmF1.8の単焦点レンズ。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

なぜこのレンズを使ったかというと。。。

1.ふんわりしたボケ感が楽しめることと

2.コンパクトで軽いこと(気軽に持ち出せる軽さ)

3.F1.8の明るいレンズなので室内でもきれいに撮れること

 

しかも、このレンズはお値段もリーズナブルなので、

コストパフォーマンスが最高です。

この50mmF1.8は、ちょっとしたコツを踏まえると、本当に簡単にボケを楽しめるレンズです。

そのコツとは・・・

<その1>開放F1.8はピント範囲がかなり浅いので、ピンボケに注意

ボケが出やすい分、ちょっとでもピントを外すと主役もすぐぼけてしまします。

カメラの液晶画面ではピントが合っているように見えていても、

パソコンに取り込んでみたらピンボケしてる、なんてことも多々あります。

このレンズは開放でなくても十分にボケは楽しめるので、

不安な場合はF2.8からF3.5くらいで使うのがお勧めです。

 

F2.8           F2.8

<その2>晴れた屋外での使用時には白とびに注意

このレンズを晴れた日の屋外で使用すると、

シャッター速度がカメラの最速値(1/8000や1/4000)になることがあります。

最大限の速さでシャッターを切っていても、まだ明るく写りすぎる、ということもしばしば。

明るすぎると色がきれいに表現できませんし、被写体の質感も損なわれてしまいます。

そんな時は、F値を上げるか、PLまたはNDフィルターを使って光を制限しましょう。

シャッタースピードが速すぎるときれいな写真に仕上がらないことがあるので、

1/1000以下になるように調整して撮影することをおすすめします。

私はこのレンズをきっかけに、カメラにはまったと言っても過言ではありません。

キットレンズとは違ったテイストの写真が撮れます。

標準ズーム、望遠ズームの次に新しいレンズを買い足そうかなと考えている方、

私のおすすめはこれです。

 

是非、このレンズでスナップフォトを楽しんで下さい。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です