BLOG

ブログ

女性起業家プロフィール写真

自分で更新できるホームページを制作する、フリーカメラマンの福室ゆきこです。

2018年の春、私はフリーのカメラマンになろうと決心して、5年勤めた会社を辞めました。

そこだけ聞くとなんだかカッコいいですが、実はそうでもありません(笑)

本当の理由はこんな感じです。

【理由その1】会社をやめたかった

女性起業家プロフィール写真

当時勤めていた会社での働き方に限界を感じていた私。

40歳を過ぎてマネージャー経験もなく、マネージャーになりたいというわけでもないけど、でもこの後もここで一社員としてやっていく姿にも 希望が持てなくなっていた。

【理由その2】カメラを仕事にしたかった

女性カメラマン

趣味としてやっていたカメラが楽しくて仕方なかった。

もっと写真を撮る時間を増やしたいなあと思っていたら、「ママでもカメラマンになれる」という広告を発見。

私はママではないけれど、「私にもできるかも」と思うようになって、挑戦しようと思った。

【理由その3】旦那の転勤

女性カメラマン

一年以内に転勤になる、と会社で告げられた主人。

それにともない、遅くても一年以内には会社をやめることが決まった。

フリーランス転身の決め手となった理由は

女性カメラマン

3つの中で一番大きな要因となったのは、圧倒的に「家族の転勤」でした

『カメラマンに挑戦してみたい』…となんとなく思っていたけれど、

そんなに簡単になれるわけがないと思いこみ、自分の気持ちだけでは決断できなかった私。

結果的には転勤という外的要因のおかげで、決断するに至りました。

転勤という出来事が『やりたいことに挑戦してみなさい』と言ってると感じたのです。

家族に自分の気持ちを話し、今の私でもできそうな撮影の仕事があることを伝え、理解を得ることができました。

世の中には私のように ”結果的にフリーランス”になった人も、結構いると思います。

理由は立派じゃなくたっていい。

大事なのは理由よりも、そのあとの行動。

やると決めたら、それをどう実現していくかを必死で考えて、成功するために努力すること。

そこが何より大事だということは間違いありませんよ。

フリーランスになりたいのに”なれない理由”を探すより、

どんなささいなことでもフリーランスに”なるべき理由”を探すことをおすすめします。

Follow me!

関連記事一覧

PAGE TOP